アマゾン輸出の仕入れの際、ギフト券を購入しないでください

どうも、なかさんです。

Amazon輸出をする際、
少しでも安く仕入れたいですよね。

僕はAmazonギフト券や楽天ギフト券を大量に買って仕入れていました。
だってギフト券額面の93%とかで買えてしまうんですよ。

100万円仕入れたとすると、
93万円で仕入れられてしまう計算です。つまり利益が7万円も増える計算です。
使わないわけにはいかないですよね。

でも僕はもう仕入れないことに決めています。
なぜかというととても悲しいことがあったんですよ・・・

ギフト券を販売しているサイトたち

検索窓に「Amazonギフト券 仲介」と入力してみましょう。
いくつか出てくると思います。有名どころだと、

  • アマテン
  • アマオク
  • ギフティッシュ

などです。

で、ギフト券に関してですが、Amazonや楽天のサイト・コンビニなど正規で買えるところ以外での購入は認められていません。
なぜかというと、番号さえ作りだしてしまえば不正に使えてしまう可能性があるからですね。

上記にあげた仲介サイトで販売されているものでも、不正に番号を生成、あるいは取得をして販売しているものがあります。
こういう商品を購入してしまうとどうなるか。

次に僕の実体験からお話していこうかと思います。

ギフト券で大金を失った僕の悲しい実体験

楽天ギフト券を失った日

2015年某日。
輸出ビジネスのコミュニティに入った僕はギフト券を使って安く仕入れられることを知る。

サイトを見てみると、
Amazonギフト券93%
楽天ギフト券90%で販売されています。

アマゾン輸出も競合が多くなってきて、利益をとるのが大変になってきた時期でした。
「これを使えば利益が出る商品がたくさん見つけられる!」そう思った僕は、ここから仕入れをたくさんしていくことになりました。
使っていたサイトは「アマテン」です。

そしてある日。

いつものように楽天で1万円のギフト券を購入しました。次の日。
楽天で仕入れようとした時、1万円のギフト券がなくなっていることに気づきます。

「あれ、なくなってる・・・」

早速問合せをしました。
すると、
「不正なギフト券であることが発覚しましたので削除しました」とのこと。
もちろんごねました。でも、覆ることがありませんでした。

そして、当日中に楽天からメールがきて、文章には「アカウントを削除しました」との文字が・・・
電話越しに暴れたからかもしれませんが(汗、
アカウントまで削除されてしまいました。

不正に取得したカードであることを購入したアマテンにも同時に連絡をします。金返せと。
その回答は、
「30分以内に完了のボタンを押さない。あるいはカードが登録でき、完了ボタンを押された取引に関しては、当店は一切関与しない。
ご納得いただけない場合、警察に被害届を出すなどしてください」

という冷たいものでした。

ま、確かに注意事項に書いてありますけどね・・・

あきらめた僕は、この原因を考えました。
「Amazonは不正なカードの番号はすべてはじいてくれる。楽天はずさんなシステムで不正なカードでも登録できてしまうんだな・・・」
と考えていました。

つまり、
Amazon→システムがしっかりしているから不正なカードははじく。ギフト券を登録できなければ30分以内に「問題がある取引」として登録すればお金は返ってくる。
楽天→システムがよくない。不正な番号でも登録できるから、30分以内に「問題がある取引」として登録が不可能。危険。

という結論です。
それからAmazonのギフト券のみ使うようになりました。

そして、Amazonギフト券も失う・・・

Amazonギフト券のみ使い始めました。
一年くらいは問題は一切おこりませんでした。むしろ、5000円を買ったはずが5万円登録されていて、ありがたく使わせていただいたこともあるくらいでした(汗

ですが、2016年某日、
とうとうAmazonギフト券も失います。

5万円+2万円。合計7万円のギフト券が「保留中」となっており、
使えないことに気づきます。

その文字を見た瞬間ドキッとしました。
「とうとうAmazonでもやばいかも・・・」

その数日後、その予感は的中します。
Amazonより送られてきたメールには「不正なギフト券です。当社ではギフト券の売買を認めておりません。ギフト券の登録を削除致しました。もう一度見つかった場合にはアカウントを削除致します。」
・・・・まじか(汗

ということで、
ギフト券の売買サイトを使うことで、もちろんおいしい思いもたくさんしましたが、
合計8万円を失ったわけです。

まとめ

ここまで読んでいただけたなら、
ギフト券を使っての仕入れに躊躇する気持ちが出てきているかと思います。

金銭的な問題はもちろんあります。
しかし、それよりも危険なのはアカウント削除です。

楽天は一度アカウント閉鎖しましたが「今回だけ」との文言つきで、今は復活しています。
しかし、一発で削除されたという事実があります。

ギフト券でAmazonも削除されかけました。
僕はAmazonでの販売の比重が大きいので、サスペンドしていたらやばかったです。
一時的な金銭ではなく、将来得られたであろう数百万円を失っていたんですからね。

そう考えると、
もう手を出したくないわけです。

やばいな、と思うのが、
Amazonのギフト券は不正なコードはすべてはじいてくれていたのに、2枚同時に登録できてしまったという事実です。
悪い方々が、Amazonギフト券の不正番号を生成できるようになったとしか思えません。これから不正に登録できてしまうギフト券は増えていくと思います。

そう考えると、
たとえ安く仕入れられるとしても、とてもおすすめできる仕入れ方法ではないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です